もし避妊に失敗してしまったら…中絶の方法とリスク・費用

もし避妊に失敗してしまったらどうなるか、中絶という選択肢を選ぶことの難しさを知って、避妊の重要性を改めて理解しましょう。

もし避妊に失敗してしまったら…

これまでアフターピルや低用量ピルなど、避妊の方法について紹介してきました。
ではもし、それらの避妊方法がきちんと実施できず、避妊が失敗してしまったらどうなるでしょうか。
望まない妊娠をしてしまった場合、一般的には中絶という選択肢が浮かび上がってくることでしょう。
しかし、中絶というものは、複数の意味で簡単なことではありません。
『もし避妊に失敗してしまったら…』ということをきちんと理解して、改めて避妊の重要性というものについて考えてみましょう。

中絶が行われる前に

一般に中絶と呼ばれるものは、病院では「人工妊娠中絶」という呼ばれ方をします。
そして、人工妊娠中絶は誰に対しても、どのような場合でも行うことができるものではありません。
日本には「母体保護法」という法律が定められており、その法律に反する中絶は一切おこなうことができません。
人工妊娠中絶が認められるのは、母体の健康上の理由で妊娠の継続や分娩が困難な場合、経済上の理由がある場合、暴行もしくは脅迫などによって成功の抵抗や拒絶できなかった場合、などといったケースが挙げられます。

また人工妊娠中絶自体、母体保護法にて指定された資格を持つ医師「母体保護法指定医」にしか行うことができません。
つまり人工妊娠中絶を行う場合は、どの産婦人科でもいいということではなく、母体保護法指定医がいる病院を探すところから始めなくてはいけません。

さらに、人工妊娠中絶を行うにはパートナーの同意書が必要となります。
未成年の場合、保護者の同意書も同様に必要となります。

このように、中絶はそれを行う前からいくつもハードルがあることを理解するべきでしょう。

中絶できる時期

先述の母体保護法によって、中絶できる時期は妊娠22週未満(妊娠21周と6日まで)と定められており、それ以降は認められていません。
それは、22週以降になると母体にかかるリスクの増大や、倫理的な問題があるからです。

一般に、母体へのリスクの低さから妊娠6~9週の初期中絶が妥当な時期だと言われています。
もっと早期の妊娠4~5週では、子宮頸管が非常に硬く子宮頸管拡張操作も極めて困難であるからです。

妊娠10週を経過すると胎児も大きくなり、それに伴って手術の難易度も母体への負担も大きくなります。
妊娠12週を経過すると中期中絶手術という扱いとなり、人工的な陣痛を薬剤で起こさせて流産させるかたちになります。
さらに日本では、妊娠12週を超過した中期中絶手術を行った場合は、死産の届け出が必要になります。
また後述しますが、中期中絶手術の場合は入院する必要がありますので、経済的な負担も大きくなります。

中絶という選択肢が存在する状況だと、それを選び取るには大変な困難があるでしょう。
しかし上記の理由によって、中絶をする場合はできるだけ早期に決断した方が、様々な面での負担が軽減されます。

中絶の方法とリスク

中絶は大きく分けると、医薬品を用いるものと、器具を用いる手術によるもの2種類があります。

医薬品を用いるものも2種類あります。
1つは初期中絶にミフェプリストンを用いるものです。
妊娠状態を保つために必要なホルモンの働きを強制的に止めることによって流産を引き起こす方法になります。
妊娠12週までにおいて効果的とされていますが、9週以降の場合は女性の合併症リスクが高くなるとされています。
もう一方は中期中絶にプレグラディンを用いるものです。
あらかじめ子宮口を開く処置を行ったあとに、薬剤を用いて人工的な陣痛を引き起こして流産させる方法です。
体に負担がかかるため、通常は数日の入院が必要となります。
さらに吐き気、腹痛、出血などの副作用もあり、出血量が多いときはその処置のための手術も必要になる場合もあります。

一方、器具を用いる手術にも2種類あります。
掻爬法(そうはほう)というスプーン型の器具を使って掻き出す方法と、吸引法という吸い出す方法です。
どちらも妊娠12週未満の時期に行える手術です。
ほとんどの場合は静脈麻酔を行い、あらかじめ拡張した子宮口から器械的に子宮の内容物を除去する方法になります。
通常は10~15分程度の手術で済む上、痛みや出血も少ないので体調に異常がなければ日帰りすることも可能です。

しかしどの種類の手術であっても、中絶手術の精神的なストレスからホルモンバランスが乱れた場合、卵巣機能に異常が生じる可能性を否定することはできません。
また、感染症、子宮穿刺、腹膜炎などのリスクもついて回ります。
どの方法で対処するにせよ、必ずなんらかのリスクを孕むことを心得ましょう。

中絶にかかる費用

中絶にかかる費用は病院によって異なりますが、どの方法であっても全て保険適用外となるため、かなり掛かるものとなります。
初期中絶の日帰り手術であっても10~15万円ほどになるとされます。
また、中期中絶の場合は前述の通り入院が必要となるので40~50万円以上かかるところもあります。

『避妊に失敗してしまった…』とならない為に

このページでは中絶という選択肢を選ぶことの困難さを紹介しました。
もちろん、状況次第ではその選択肢を選ばざるを得ない場合もあると思われます。
しかし本来であれば、中絶というもの自体が必要ない状況の方が望ましいはずです。
妊娠を望んでいないのであれば『避妊に失敗してしまった…』とならない為に、中絶という困難な選択肢を選ばなくてもいいように、改めて避妊というものについて考え、理解を深めていきましょう。