アイピルを通販で購入するメリット・デメリット

アイピルはノルレボ錠と違いジェネリック薬品であり、ネットで安く簡単に購入する事が出来ます。
海外製品のジェネリック、アイピルはネットでしか購入が出来ません。
またアフターピルは病院で時前に処方してもらうことができません。
すぐには手に入れることが出来ないアフターピル。
何かあってからでは手遅れになるので通販で常備薬を購入しておく事で自宅や外出用に持ち運びすることができ、すぐに対処することができます!

通販で購入するメリット

・24時間いつでも注文ができ、時前に購入することができる!
・プライバシーが守られ、内緒で購入ができる!
・通院せず、病院で処方するよりコスパを抑えられる!
・常備薬を持ち歩けるので、すぐに対処ができる!

このように、アイピルを通販で購入すると様々なメリットがあります。

PC、スマホ、タブレットで24時間いつでも注文ができる

ネットなら24時間いつでも簡単に必要な時に注文ができます。
20歳以上なら誰でも個人輸入を利用し、簡単にアイピルを購入することがきるため自分自身のライフスタイルに合わせられます。
時前に購入することによって望まない妊娠を避け、いざという時に役立ちます。

プライバシーが守られ、内緒で購入ができる

妊娠は簡単に友人などに相談できない事で、低用量ピルやアフターピルは世間ではあまり良いイメージはなく、受け入れられにくい面があります。レディースクリニックや通院している所を見られたくない方も自宅に直接届くので心配はいりません。
また家族などに中身を見られたくない場合は郵便局留めにしてそこで受け取りができ、自分だけの秘密にできます。

通院せず、病院で処方するよりコスパを抑えられる

なにかあってからでは手遅れになってしまう望まない妊娠。
アフターピルの避妊効果は3日以内(72時間以内)ということを推奨しているので必要な時に時間をかけて通院する手間を省け、24時間以内に服用することで、より高い効果も期待でき、望まない妊娠を回避できます。

アイピルはジェネリック薬品になるのでネットで購入したとしても半分以下の価格で購入でき、コスト削減になります。
病院で処方して貰う場合は自由診療で保険適用外なので初診料+検査代などを含めると、かなりのコストの違いが出てきます。また病院は現金のみの支払い決算になるので十分なお金がないと難しいといえます。
アフターピルの避妊効果は通常72時間の為、土日祝や長期連休中だと病院がやっていなかったりする場合があるので手遅れになる可能性も十分にあります。

常備薬を持ち歩ける

人生いつ何が起こるかわかりません。男女の世界で生きている限り性は防ぎたくても防げない場合もあります。
緊急避妊薬にはタイムリミットがあるからこそ常備薬として持ち歩けるというメリットがあります。
また病院は一回の診察で1錠のみの処方ですが通販の場合、副作用で万が一嘔吐してしまった場合の予備を購入しておけるので数錠分まとめて注文でき安心できます。
男性まかせの避妊だけではなく自分の身は自分自身で守りましょう。

通販で購入する際のデメリット

メリットが沢山あるアイピルですがデメリットも勿論あります。

・すぐに手元に届かない
・医師の診断を受けれない
・偽モノを取り扱っているサイトもある

すぐに手元に届かない

アイピルは海外からの発送なので手元に届くまでの時間が必要です。
目安としては数日~1週間程度(サイトによって異なる)なので急遽必要になった場合は避妊が間に合いません。すぐにほしい方にとってはデメリットになります。その為に常備薬として前もって手元に準備しておくことが大切です。

医師の診断を受けれない

薬を使用する際に不安な方は医師の相談をすぐに受けれないという点でデメリットとなります。
ネットなどで薬を購入する際は全て自己責任ということを忘れずに購入するようにして下さい。

偽モノを取り扱っているサイトもある

少しでもリスクを避けるためには怪しげなサイトからの購入だったり、値段があまりにも安かったりする場合は偽物の可能性もあります。
安さだけで選んで購入するのは避けましょう。どの商品も一定の相場があることを忘れずに。
創業が長く、口コミ、知名度、信頼が感じられるサイトからの購入するようにして下さい。
また電話注文もできるサイトは信頼度が高いので参考にしてみて下さい。

まとめ

このページではインターネットでアフターピルを購入するメリット・デメリットについてまとめました。
通院する手間や値段の事を考えてもインターネットで事前に手元に常備しておくことで予期せぬ自体があったとしても慌てずに対処することが出来ます。
女性ならば何かあった時のために手元に1錠は準備しておくことをオススメします。