アジア人向け低用量ピルのダイアン35

ダイアン35とは

ダイアン35は低用量ピルの一つで、小柄なアジア人向けのピルになります。

従来のピルは外国人を基準として作られていたため体格差から副作用が強く出ることが多く、日本人を含むアジア人には不向きとされていました。その問題を突破し、アジア人向けとして支持されているのがダイアン35です。日本でこそ未認可なももの、アジアだけでなく世界中で支持される大人気の商品です。

含有する有効成分としては低用量ピルの中では新しく、
・酢酸シプロテロン(黄体ホルモン)2㎎
・エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)0.035㎎
になります。

副作用は比較的少なく、ホルモン量的に体格が比較的小さめのアジア人向けだと言われています。

ダイアン35の特徴

前述した小柄な体型向けという点も大きな特徴ですが、その他にもダイアンには様々な効果があり、避妊目的以外にも使用されています。

ダイアン35の有効成分の酢酸シプロテロン(黄体ホルモン)は強力な効果で男性ホルモンの作用を抑制する特徴があります。
また、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)は強力な女性ホルモン薬です。

ドイツ製薬大手のバイエル社(Bayer)の商品で、認可された当初は女性用のニキビに対する治療薬として世界116か国で発売されていましたが、排卵抑制作用があることから、医師から避妊薬として処方されるようになったという経緯があります。
その効果はニキビ治療だけでなく

・美肌効果
・体毛の減少
・バストアップ効果
・アンチエイジング効果

その他にも男性ホルモン性の脱毛症や軽度の多毛症の抑制効果があり、男性ホルモンによる疾患の治療にも使用されるなど様々な効果が報告されています。
ただし、美容面の効果は体に現れるまでの時間が避妊効果よりも時間がかかるため、3~4ヶ月は服用する必要があるようです。

使用上の注意や使用できない方

ダイアン35は結核、高血圧の方、他の治療を受けられている方、喫煙者の方は使用できない可能性が高い商品になります。
また、低用量ピル全般に言える事ですが、起こり得る重大な副作用として血栓症になる可能性があります。

血栓症の初期症状としては
・ふくらはぎの痛み、むくみ、手足のしびれや脱力
・胸への圧迫感や痛み、突然の息切れ
・激しい頭痛、めまい、失神、視覚、言語障害

があります。少しでも気になった方は医師の診断を受ける事を強くオススメします。

ダイアン35の購入方法

ダイアン35は前述の通り日本国内では未認可のため、個人輸入代行でのみ購入できる商品となっています。

個人輸入代行はインターネットで簡単に購入手続きができ、1箱1000~2000円という安価なので購入時の敷居も低いですが、商品到着までにだいたい5~10日間ほどかかるところばかりなので、購入を考えている方は早めに注文しておくのが正解ですね。