一番売れている低用量ピルはトリキュラー!

国内シェアNO.1低用量ピル!トリキュラー

世界で約1億人の女性がピルを服用していると言われています。

そして日本国内で一番売れている低用量ピルはトリキュラーです!

『低用量ピルを使用したい、でもいろいろあってどれが良いかわからない。。』

という女性の方は多いかと思います。

そんな時はやはり、最も売れている商品が良い事が多いと思います。

最も売れているという事は、
薬だったら
・効果がしっかり出る
・副作用も少ない

要するにたくさんの幅広い層に受け入れられているという事です。

・使いやすい

という一点に尽きると思います。

そこで低用量ピルの日本国内で一番売れているお薬はというと、
トリキュラーです。

なぜトリキュラーが売れているのか

トリキュラーは卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(ノボレルゲストレル)の作用によって避妊効果が得られる低用量ピルです。

トリキュラーは3相性ピルというタイプになります。

3相性というのはピルの成分が自然な女性のホルモンバランスに近くなるよう、3段階に変化をするタイプになります。

女性の生理周期を28日に固定するよう、
・錠剤【赤茶色】→6日間
・錠剤【白】→5日間
・錠剤【黄】→10日間
計21日間
各錠剤をホルモン剤として順番に毎日服用していき、体内に女性ホルモンを取り入れていきます。

28日のうち、残りの7日間は休薬期間になるため服用を止めるか、
7日間はホルモン剤の含まれない偽薬を飲んで日数を間違えないようにします。
・偽薬・大きめの錠剤【白】→7日間

トリキュラーの錠剤のシートには飲み始めの1日目から毎日飲む順番が記載されており使用しやすくなっているのもポイントです。

偽薬の入っていないトリキュラー21【21錠】
と、
偽薬入りのトリキュラー28【28錠】
が発売されているので、使いやすい方を選ぶと良いでしょう。

トリキュラーでホルモン剤を取りこむ事により、子宮内膜が安定し、
生理時の出血の量を抑えたり、生理周期の安定が期待できます。

自然なホルモンバランスに近くなるので身体の負担などの副作用も出づらいピルになっており、安全です。

以上のようにトリキュラーは使いやすく、女性の身体に負担がかかりにくい避妊薬として売れているのです。

トリキュラーの購入

国内では産婦人科など受診して処方してもらう事が可能です。

また海外から個人輸入代行を利用して通販購入ができる為、医療機関で診察料や薬代がかかる所を、ネット通販であれば非常に安い値段で購入できるのです。

しかも病院ではできない、まとめ買い等も可能な為、非常に人気で使用されています。

病院では1シート1ヶ月分が3000円ほどになるのですが、
個人輸入なら1シート1000円ほどで購入できますし、まとめ買いなら更に1000円を切るくらい安く購入できる所が人気の秘密です。

しかし最初は自分の身体とそれに合うかどうかが心配になると思いますので、初回は病院での診断を受け、トリキュラーを処方してもらった場合、
次回以降は個人輸入代行でトリキュラーを購入する方法が安心かもしれませんね。