低用量ピルの副作用

低用量ピルを飲んだときに起こる副作用

すべての低用量ピルにはホルモン剤が入っているため、服用を開始すると副作用があらわれることがあります。
主な副作用として吐き気頭痛があり、まれに起こる副作用として血栓症があります。
副作用がでたときの対処法などについても詳しく紹介しています。

低用量ピル主な副作用

・吐き気
・頭痛
・嘔吐
・下腹部痛
・むくみ
・胸のはり
・不正出血など

低用量ピルの副作用として一番多く報告されている副作用は吐き気です。
また初めて低用量ピルを飲んだ人は、1シート目を飲み終えるまで3人に1人の確率で副作用があらわれたという報告があります。
ホルモン剤が入っているピルを毎日服用するため、最初のうちは身体がこのホルモン反応になれていないからです。
3ヵ月も服用を続ければ身体もだんだんと慣れてきて副作用もなくなってくるものですので、安心してくださいね。

低用量ピル注意が必要な副作用

低用量ピルを副作用したときに注意してほしい副作用として血栓症があります。
血栓症の症状としては下記のような症状があげられます。

・激しい頭痛
・舌のもつれ、しゃべりにくい
・突然の視力障害
・息切れ、胸の痛み
・足の痛み、腫れ
・手足の脱力感など

血栓症は血管の中に血の塊ができてしまい、この血の塊を血栓と呼びます。
この血栓が脳や肺などの血管につまってしまうと重篤な症状を引き起こしてしまう可能性があります。
血栓症はまれに起こる副作用ではありますが、タバコを吸う人は特に注意が必要になります。
タバコを吸わない人と比べると血栓症になるリスクが高くなってしまいます。

上記のような症状がみられた場合はすぐに病院に行って、低用量ピルを飲んでいることを医師に伝えるようにしてください。
血栓症にならないためにも半年に1回ぐらいのペースで血液検査をすることをオススメしています。

副作用で吐いてしまったときの対処法

低用量ピルを飲んでから2時間以上経過していた場合は、成分が体内に吸収されているので問題はありません。
すぐ飲みなおす必要もないので次の服用時間まで待ちましょう。

万が一、服用から2時間以内に吐いてしまった場合は成分が体内に吸収されていない可能性が非常に高いので、吐き気が収まってから再度1錠を服用してください。
(※このときに飲むピルは吐いてしまったのと同じ色のピルを飲んでください。)
次の服用時間がきたら通常通りの服用を続けてください。

副作用がツラいときの対処法

副作用がでて身体がツラかったら無理をせず安静に過ごすことが大切です。
個人差はもちろんありますが、副作用の症状が強くでてしまう人もいるので日常生活に支障をきたすようならいったん病院に行き相談するのも方法の1つです。

また頭痛や腹痛、吐き気などの場合は市販で売っている鎮痛剤や吐き気どめを飲んでも大丈夫です。

低用量ピルの副作用は服用からだいたい2~3ヵ月も経過すれば自然となくなってくるものです。
それ以上たっても症状がおさまらなかったりした場合は、医師に相談して飲んでいる低用量ピルを変えてみてもいいかもしれないです。