低用量ピル飲み忘れた!どうすればいい?!対処法・解決策

低用量ピル飲み忘れ対処方法

低用量ピルは毎日服用をしなくてはイケナイ薬ですが習慣がついていないと、どうしても皆さん1回は飲むのを忘れてしまうことがあります。
そんなときの対処法・解決策を詳しく説明していくので参考にしてくださいね。

★飲み忘れから12~24時間以内の場合

前回の服用から12時間以内に飲み忘れに気付いた場合は、気が付いた時点で飲み忘れていた1錠を服用してください。

その後は通常通りに服用を続けてもらって大丈夫です。
24時間以内の飲み忘れなら避妊効果はなくならないので安心してください。
また半日以上経過していた場合は、不正出血することがまれにあります。

★飲み忘れから24時間ちょうどの場合

飲み忘れから24時間つまり丸1日の場合は、飲み忘れた分の1錠と予定通りに飲む分の1錠、合計2錠を服用してください。

※服用開始から1~7日目に飲み忘れがわかった場合、妊娠する可能性が高くなってしまいますのでほかの避妊方法と併用するか性交渉事態を避ける必要があります。

★飲み忘れから48時間経過していた場合

前回の服用から48時間、つまり2錠飲むのを忘れてしまった場合、対処法は2通りあります。

①:そのまま服用を続行する
飲み忘れた錠剤のうち直近のものをなるべく早く服用します。
残りの錠剤を予定通り服用し、7錠以上連続して服用するまで他の避妊方法などを併用するか性行為自体を避けるようにしてください。

②:服用をリセットする
いったんピルの服用を止め、次の月経が来るのを待ち新しいシートで再度服用を開始します。
またこのような場合は妊娠する可能性が高くなるのでその周期は他の避妊方法を行うようにしてください。

ピルを飲み忘れてしまったらすぐ妊娠してしまうの・・?

低用量ピルは毎日継続して服用することによって、避妊効果があるお薬ですが1錠飲み忘れてぐらいですぐ妊娠といったことは滅多にないです。

決めた時間の前後1~2時間ぐらいのズレでしたら飲み忘れのうちには入りません。

しかし飲み忘れを繰り返していたり2日以上連続で飲み忘れたりするのは危ないので、ピルを飲む習慣付けをしておいたほうがいいですね。

ピルの飲み忘れを防ぐために

毎日決まった時間の飲むピルでも人間ですから、いくら習慣づけていても忘れてしまうことはありますよね。

飲む時間を少しでも減らすために携帯のアラームをセットしておくのもいいですね。
あと最近では薬を飲んだか確認できるアプリも充実しているので、そういったアプリを使うのもおススメの方法です。