初心者でも安心!低用量ピルの飲み方

低用量ピルの詳しい飲み方まとめ

 

低用量ピルには21錠タイプ・28錠タイプ2種類があります。
それぞれ飲み方が異なるので注意する必要があります。

ここでは、低用量ピル初心者の方でもわかりやすいように飲み方や飲み始めのタイミングなどを詳しく紹介します!
正しい服用方法を理解して、低用量ピルと上手に付き合っていきましょう。

低用量ピル21錠・28錠の違い

低用量ピル21錠タイプのものは全ての錠剤に有効成分が入っています。
7日間の薬を飲むのを休んでから、次のシートを開始するので低用量ピルに慣れている方におススメです。

低用量ピル28錠タイプのものは最後の7錠は有効成分が入っていないプラセボ(偽薬)になります。
なぜ偽薬が入っているかというと飲み忘れを防ぎ、次のシート開始日がわからなくなるのを防ぐためです。
なので、低用量ピル初心者の方や休薬期間を忘れてしまいそうな方におススメです。

低用量ピル21錠の飲み方

1日1錠、決まった時間に飲みます。
(※重要なのは決まった時間に飲むということです。)
21錠すべて飲み終えたら7日間の休薬期間の始まりです。
7日目が終了したタイミングで次のシートを開始しましょう。

低用量ピル28錠の飲み方

1日1錠、決まった時間に飲みます。
(※重要なのは決まった時間に飲むということです。)
28錠を全て飲み終えた次の日から新しいシートを開始しましょう。

低用量ピルを開始するタイミングは?

ピルを飲み始めるタイミングは3通りあります。

デイワンスタート
生理初日に1錠目を開始します。
またこの場合は飲み始めた初日から避妊効果が得られます。

サンデースタート
生理が始まった最初の日曜日から1錠目を開始します。
避妊効果はピルを開始してから1週間後から得られるので、その期間中は別の方法で避妊をするようにしましょう。

クイックスタート
自分の好きなタイミングでも開始できる方法です。
サンデースタート同様、避妊効果はピルを開始してから1週間後から得られるので、その期間中は別の方法で避妊をするようにしましょう。

この3通りの開始で避妊効果がすぐ得られる方法はデイワンスタートになります。
しかしこの方法でもちゃんと避妊ができているのか不安な人は、飲み始めから7日間は別の方法で避妊するなどすれば安心です。

飲み方次第で生理周期を早める・遅らせることができる!

ピルの飲み方のメリットの1つとして、生理が来るのを早めたり、遅らせることができます。

生理を早める方法
遅らせたい生理周期の1サイクルの5日目からピルを開始し、2週間服用を続けます。
服用をやめると2~3日後に生理が来ます。この生理は本来くる生理予定日の1週間前に始まることになります。

生理を遅らせる方法
生理予定日の5日前からピルを開始します。
生理が来てほしくない期間中ピルを飲み続け、来てほしくない期間が終わったらピルを飲むのをやめます。その2~3日後に生理が始まります。
飲み忘れがあったりすると生理がくる可能性があるので気を付けるようにしましょう。

まとめ

夏は海やプールなどのイベントがあったり、旅行や大事な日に生理がきてしまうと女性としては思いっきり楽しむことができないですよね。
そんなときに生理をずらす方法を知っていればイベントに備えることができて安心できるので、低用量ピルと上手い付き合っていけるようにしましょう。