緊急避妊薬エラの効果・効能について

緊急避妊薬エラとは

エラの使用効果とは緊急避妊です。

避妊に失敗した、避妊具なしで性行為をしてしまったなど緊急時にも避妊効果があります。

従来のアフターピルと異なり、120時間(5日間)以内の服用であれば高い確率で妊娠を回避できます。

避妊効果は従来のアフターピルより大幅に高く、性行為0~120時間内に服用した場合の妊娠阻止率は95%です。また副作用も従来のアフターピルより弱いとされていることから、次世代の緊急避妊薬と言われています。

エラの効果・特徴

アフターピルエラの持つ最大の特徴!
それは避妊効果の長さです。

レディースクリニック・婦人科・産婦人科で処方されるアフターピルには、ノルレボと呼ばれるアフターピルがあります。

ノルレボを始めとする従来のアフターピルというのは、避妊失敗後最大72時間以内(3日以内)に服用しないと避妊効果が大幅に低下します。

しかしエラの場合は、最大で120時間(5日間)以内に服用すると高い確率で妊娠を回避できます。

エラを使用した避妊効果は従来のアフターピルを使用した際に得られる避妊効果よりも更に高い避妊効果があります。
120時間以内の服用で95%の避妊効果があります。

長時間の避妊効果があるということは、避妊の失敗にその場で気付かなかった際にも対処が可能になりました。

エラの有効成分

エラの有効成分はウリプリスタール酢酸エステルという成分が含まれています。
ウリプリスタール酢酸エステルは、有効期間が長く避妊率も95%と非常に高いのが特徴で従来のアフターピルよりも避妊成功率が飛躍的に高くなります。

このエラの有効成分は従来のアフターピルに使用されている成分とは全く違うものです。

ウリプリスタール酢酸エステルはホルモンのバランスを調整する作用があります。

ホルモンバランスを変化させる事により、排卵の一時的な抑制を引き起こし子宮内膜が剥がれ落ちた後に排卵することにより、受精卵が着床しにくい・もしくは着床出来ない環境を作ります。
排卵・受精・着床の3段階において作用するため高い避妊効果を発揮します。

服用することで月経を誘発させることが可能です。

まとめ

避妊に失敗した時、避妊が出来なかった時…
そんな時に服用することで効果を発揮してくれるのがアフターピル。
そしてそのアフターピルの中でも避妊効果時間がより長く、正しい服用方法で優れた避妊効果を発揮します。
安心感とより確実な緊急避妊が可能です。