緊急避妊薬(アフターピルって)どんなお薬??

 

アフターピルの解説

アフターピルは性行為の際に何らかの原因で避妊に失敗してしまったときに緊急用で使用するお薬です。

アフターピルの錠剤にはホルモン剤が含まれているので、服用する事により望まない妊娠を避ける事が可能です。

アフターピル適応ケース
避妊をしなかった時
コンドームが外れた、破けてしまった時
きちんと避妊ができているか心配になった時
レイプ被害に合った時

上記のようなケースで今すぐ妊娠を希望していない場合に選択できる手段となります。

アフターピルの種類

現在、日本国内で処方されているアフターピルには現在2種類あります。

ノルレボ錠
2011年に日本で初めて認可されたアフターピルになります。
今まではヤッペ法という中容量ピルを用いた緊急避妊方がありましたが、時間差で2錠を服用しなくてはいけないので飲み忘れの問題や、副作用が強くでてしまう事が懸念されていました。
このノルレボ錠が誕生してからは、1錠で緊急避妊が行えるようになったのと副作用の負担が少なくなったので日本国内の病院やクリニックでは今はこのノルレボ錠の処方が主流となりました。

ヤッペ法
ノルレボ錠が誕生するまで中容量ピルで代用するこのヤッペ法という緊急避妊方が用いられていました。
中容量ピルのプラノバールを時間差で2錠服用することで緊急避妊をしてくれる方法になります。
時間差で2錠服用しなければ緊急避妊の効果が得られないのと、副作用が強く出てしまう点がデメリットです。
ノルレボ錠と比較すると値段が安いとという点が唯一のメリットになります。

  ノルレボ錠 ヤッペ法(プラノバール)
飲み方 避妊失敗後72時間以内に1錠を服用 避妊失敗後72時間以内に1錠、その12時間後にもう1錠を服用
避妊効果 約85% 約57%
副作用 吐き気(23.1%)

 

嘔吐(5.6%)

吐き気(50.5%)

 

嘔吐(18.8%)

厚生労働省の認可 承認 未承認
料金

 

(※病院やクリニックによって異なる)

約10.000~20.000円前後 約5.000~8.000円前後

アフターピルはあくまでも緊急用

上記の比較表を見てもらうと分かると思いますが、アフターピルを飲んでも100%確実に避妊ができるものではありません。

アフターピルは1錠の中に大量のホルモン剤を含んでいるので服用することによって無理矢理女性ホルモンを増やすので、そのため副作用が出てしまう事も頭にいれておく必要があります。

『アフターピルを一度服用して避妊に成功した!アフターピルがあるし次も避妊しなくても大丈夫かな!』

なんて安易な考えをもってはいけません。
先ほども記述しましたがアフターピルはその効果に伴い、服用した自信の身体には負担がかかってしまいますのであくまで緊急用のときだけ使用するお薬です。

日頃の避妊方法はコンドームの使用や、低用量ピルを服用するなどして避妊を行うように対策をしてください。