低用量・超低容量ピル

トリキュラー

トリキュラー21・28の副作用

低用量ピルのトリキュラーは飲み始めに吐き気・腹痛・不正出血などの副作用が起こることがあります。副作用には個人差もあり、また服用を続けていれば自然と副作用もなくなってきます。しかし、服用するにあたって一番気を付けてほしい副作用が血栓症です。このページではトリキュラーを服用したときに起きるかもしれない副作用の症状などを詳しく記載しています。
ヤーズ

超・低用量ピル!ヤーズの効果

超低用量ピルとして知られているヤーズは、月経・子宮内膜症・PMSの改善など女性特有の悩みを改善してくれるピルです。海外では避妊目的として処方がされますが、日本では避妊目的での認可を受けていません。ピルの中ではホルモン量が一番少ないため、副作用が起きにくいながら月経困難症などの治療が可能になりました。
ヤーズ

第4世代の超・低用量ピル!ヤーズ!

ヤーズは第4世代のピルであり、月経困難症・子宮内膜症・PMSの改善に役立ちます。従来のピルと比較すると含まれているホルモン量が少ないので「超・低用量ピル」と呼ばれています。ホルモン量が少ないため副作用が出にくいのがメリットです。また日本では月経困難症としては保険適応がされています。
トリキュラー

コンドームより避妊効果が優れている「トリキュラー」

トリキュラーは妊娠と月経を女性が自信でコントロール出来る、確実で安全な避妊方法です。 多くの婦人科で処方されている経口避妊薬として「トリキュラー」は日本で一番取り扱われています。 トリキュラーを正しく服用することで99%以上の避妊効果があり、コンドームよりも避妊効果は高いものとなっています。
ダイアン35

アジア人向け低用量ピルのダイアン35

アジア人向け低用量ピルのダイアン35は従来のピルとは違い、小柄なアジア人向けの低用量ピルとして広く知られています。避妊目的以外にもニキビ治療、美肌効果、体毛の減少、バストアップ効果など、さまざまな効果のある低用量ピルです。
トリキュラー

トリキュラーの正しい飲み方

避妊効果もあり、生理のリズムを正してくれ、生理痛を和らげてくれる女性の強い味方【トリキュラー低用量ピル】の効果を最大限に得るために正しい服用方法を知ることが大切です。 正しい服用方法・飲み忘れた際の対処方法をご説明しております。
トリキュラー

一番売れている低用量ピルはトリキュラー!

低用量ピルを購入したいんだけど、どれを購入すれば良いかわからない。。そんな時は一番売れているトリキュラーから始めてみるのが安心かもしれませんね。そのトリキュラーの効果、人気の秘密とその購入方法などをご紹介いたします。
低用量・超低容量ピル

低用量ピルのメリット・デメリット

低用量ピルは世界中の多くの女性が愛用しているお薬です。高い避妊効果以外にもPMS・生理不順・ニキビの改善などたくさんのメリットがあります。しかし、定期的な費用がかかったりごくまれに血栓症になる人がいるというデメリットもあります。低用量ピルには具体的にどのようなメリット・デメリットがあるか詳しく紹介していきます。
低用量・超低容量ピル

低用量ピルを飲めない人がいるって本当??

低用量ピルは世界で1億人以上の女性が飲んでいるお薬です。生理が始まったときから開始ができ健康的な一般女性であれば服用可能ではありますが、中には体質や病気などで服用ができない人もいます。また低用量ピルは煙草と非常に相性が悪く、血栓症のリスクもあがってしまうので自分がピルを飲める身体なのか知っておく必要があります。
低用量・超低容量ピル

低用量ピル飲み忘れた!どうすればいい?!対処法・解決策

低用量ピルは毎日服用することで100%に近い避妊効果があります。しかし毎日服用するものであっても飲み忘れてしまう人が大勢います。ピルを飲み忘れてしまったときは、すぐ妊娠してしまうの?飲み忘れてしまったときの対策は?などの質問に低用量ピル初心者の人にもわかりやすく説明しています。
低用量・超低容量ピル

低用量ピルの副作用

低用量ピルには高い避妊効果がありますが、ホルモン剤を含んでいるため飲み始めに吐き気・頭痛・血栓症などの副作用が出ることがあります。 ほとんどの症状は徐々におさまってくるものですが、副作用がでてしまったときの対処法などを知っておくと低用量ピルと上手に付き合うことができます。
低用量・超低容量ピル

初心者でも安心!低用量ピルの飲み方

低用量ピルは毎日決まった時間に服用することによって高い避妊効果があります。 また避妊効果以外にも、生理痛やPMSの緩和、ニキビ肌の改善など女性にとっては嬉しいメリットがたくさんあります。正しい服用方法を理解して上手に低用量ピルと付き合っていきましょう。