エラ

緊急避妊薬エラの飲み方

緊急品薬エラは、服用推奨期間が5日間(120時間)以内の最新のアフターピルになります。避妊失敗後から飲むのが早ければ早いほど、避妊の成功率は上がります。3日間(72時間)以内の服用で95%、5日間(120時間)以内の服用で85%以上の高い避妊効果があります。
エラ

緊急避妊薬エラの効果・効能について

緊急避妊薬エラは最新のアフターピルになります。従来のアフターピルは3日間以内の服用が推奨されていましたが、エラは5日間以内の服用で避妊効果が95%見込めるものになります。避妊失敗に気付くのが遅かったときなど、そのような場面にエラは非常に役立ちます。
エラ

ノルレボ・アイピルとも異なる最新のアフターピル『エラ』とは?!

ella(エラ)は最新のアフターピルになります。これまでのアフターピルは3日間(72時間)以内の服用が推奨されていましたが、エラは5日間(120時間)以内の服用で避妊効果が95%以上あります。日本国内では未承認ですがアメリカやヨーロッパでは効果や安全性が確立されているアフターピルになります。
アイピル

緊急避妊薬アイピルの使用体験談

緊急避妊薬アイピルを実際に服用した方の体験談を紹介しています。勢いにまかせて避妊せずに性行為をしてしまい、不安になって病院に行ったところ保険適応外のため1錠で15000円もしたアフターピル。20代前半、社会人になったばかりの体験者の方には決して安くない値段でした。ネットでアフターピルが買えることを知り、また何かあったときのための常備薬としてアイピルを買いすぐに使用することができたので望まない妊娠を避けることができました。
アイピル

アイピルを通販で購入するメリット・デメリット

ノルレボのジェネリックであるアイピルは通販で24時間注文ができます。アイピルは国内の病院では処方されていないのでインターネットでのみ買う事ができます。病院やクリニックと比べても10分の1の値段で購入することができ、即日発送が可能です。初めての人なら気になるアイピルを通販で買うメリット・デメリットについてまとめました。
アフターピル

アイピルを飲んだ後、避妊成功の確かめ方は?

ノルレボのジェネリック医薬品であるアイピルは72時間以内に服用することで90%以上の避妊効果があります。では服用後、ちゃんと避妊に成功してるかを確認する必要があります。アイピル服用後に数日~10日ほどで生理のような消退出血が起こり、これが避妊成功の合図になります。しかし、3週間以上経過しても消退出血が起こらない場合は妊娠している可能性があるので一度、検査薬などを使用して確認をするようにしてください。
低用量・超低容量ピル

低用量ピルのメリット・デメリット

低用量ピルは世界中の多くの女性が愛用しているお薬です。高い避妊効果以外にもPMS・生理不順・ニキビの改善などたくさんのメリットがあります。しかし、定期的な費用がかかったりごくまれに血栓症になる人がいるというデメリットもあります。低用量ピルには具体的にどのようなメリット・デメリットがあるか詳しく紹介していきます。
低用量・超低容量ピル

低用量ピルを飲めない人がいるって本当??

低用量ピルは世界で1億人以上の女性が飲んでいるお薬です。生理が始まったときから開始ができ健康的な一般女性であれば服用可能ではありますが、中には体質や病気などで服用ができない人もいます。また低用量ピルは煙草と非常に相性が悪く、血栓症のリスクもあがってしまうので自分がピルを飲める身体なのか知っておく必要があります。
低用量・超低容量ピル

低用量ピル飲み忘れた!どうすればいい?!対処法・解決策

低用量ピルは毎日服用することで100%に近い避妊効果があります。しかし毎日服用するものであっても飲み忘れてしまう人が大勢います。ピルを飲み忘れてしまったときは、すぐ妊娠してしまうの?飲み忘れてしまったときの対策は?などの質問に低用量ピル初心者の人にもわかりやすく説明しています。
低用量・超低容量ピル

低用量ピルの副作用

低用量ピルには高い避妊効果がありますが、ホルモン剤を含んでいるため飲み始めに吐き気・頭痛・血栓症などの副作用が出ることがあります。 ほとんどの症状は徐々におさまってくるものですが、副作用がでてしまったときの対処法などを知っておくと低用量ピルと上手に付き合うことができます。
低用量・超低容量ピル

初心者でも安心!低用量ピルの飲み方

低用量ピルは毎日決まった時間に服用することによって高い避妊効果があります。 また避妊効果以外にも、生理痛やPMSの緩和、ニキビ肌の改善など女性にとっては嬉しいメリットがたくさんあります。正しい服用方法を理解して上手に低用量ピルと付き合っていきましょう。
アイピル

緊急避妊薬(アフターピルって)どんなお薬??

緊急避妊薬はアフターピルとも呼ばれています。避妊に失敗したとき、性被害に合ったなど予期せぬ事態のときにアフターピルを服用することで望まない妊娠を回避することができます。3日間(72時間)以内の服用で85%以上の高い避妊効果が得られます。